スポンサーサイト

  • 2011.05.20 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    respect.

    • 2010.10.03 Sunday
    • 01:09

    「いつもココロに青空を。青空はいつもつながっている。」
    著者、高橋歩さん。

    2008年11月からの、家族で出発した旅の記録、前半戦。
    またしても、一気に読んでしまいました…。
    歩さんの本はいつもそうなんだけど、買うとあっという間に読んでしまう。
    それも、「今」っていうタイミングで、書店で出会う。

    最初の出会いは、高校の図書室で、「LOVE&FREE」と。
    次に特別になったのは、「イツモ。イツマデモ。」。
    親友と旅行した京都の駅構内の書店で、「愛しあおう。旅にでよう。」と。
    歩さんの本を、歩さんの著書が並んでいるコーナーで見つけるんじゃなくて。
    それ単体で、読後に必ず「これは今、読むものだったんだ」と思うタイミングで。
    そうして、いつも出会う。

    わたしの場合、迷った時に手に取るっていう感じではない。
    「今、読んでよかった」と思えるタイミングで読むと、そのあとに、ふっと歩さんのフレーズを思い出す瞬間が、必ずある。
    それが、わたしが迷った時だったり、気合いを入れなおす時だったりする。

    自分は余計なものを持ち過ぎていると感じること。
    人と触れ合う中での、一番根底にある大切なものを思い出すこと。
    繋がってゆくものが、生きているその道程でたくさんあること。
    生きるのに必要なものは、きっとそんなに多くない。
    だけど、生きるのに絶対に必要としてくるものは必ずあって、それを捨てたり傷付けたりしちゃいけないってこと。

    当たり前のことのようにも思う、だけどそれを、忘れそうになりながら生きている。
    「決める」ことを恐れない、何かを捨てて何かを得て、変化を拒まずに生きること。

    歩さんの言葉の中には、歩さんの思いがたくさんあって、それらが一言一言、とても大切に紡がれていると思う。
    そして、いつもまっすぐで、リアルだ。
    だから、好きです。

    いつも読後は、自分の中の眠っているものを揺さぶられるような気がする。
    警鐘が鳴るのにも似ている。
    問いかけをやめることを、許してもらえないみたいな(笑)
    まるで通過儀礼のように、いつも。

    わたしはわたしに、問いかける。

    スポンサーサイト

    • 2011.05.20 Friday
    • 01:09
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM